購入価格を抑えるなら


業者コピー機調達に際し、リースサービスの利用ではなく、購入からの減価償却がベストと判断された場合、次の作業は当然、必要な機能を搭載した製品を、少しでも安価で調達するルートと商品を探す作業となります。

ここでポイントとなるのが、世の中の急速な変化と進化に他ならず、これらに応じて取引先からの注文内容のみならず、自社内で対応すべき作業内容もまた、より高度かつ複雑化する可能性が見過ごせません。コピー機を含めたOA機器の調達に際しても、こうした近未来を見据え、調達時点でギリギリ必要条件を満たす機種では無く、プラスアルファの機能を備えたシステムの構築を視野に入れるべきでしょう。

ですがこうして事前によりk充実した機材を揃えるとなれば、自ずと先行投資金額も大きくなります。とりわけ現行の上級機種の調達となれば、販売価格が予算面と合致しないケースが珍しくありません。ここで冷静に視野に入れていただきたいのが、中古品という選択肢です。いわゆるリサイクルショップの原状販売品ではなく、中古コピー機のメンテナンスから、独自の自社保証やアフターサービスを含めて供給する専門業者から購入する方法です。同じレベルの機能を搭載する最新機種と比較して、大きく予算を抑えた調達が可能な調達ルートとして、ぜひ着目いただきたい購入方法です。